保育士になろう!

保育士のおもしろさ

保育士の平均年収とは

保育士の平均年収とは 近年女性の社会進出が目覚ましく増加していますが、同じくして仕事に行っている間に子どもの面倒を見てくれる人や環境の不足が社会問題化しています。
中でも保育士の不足はテレビや新聞などのマスコミに幾度となく取り上げられるほど世間の注目も高くなっています。
一見需要が増えて就職者が増加しそうなものですが、未だ不足しているという現状です。何故このような事態に陥るのか。
それは保育士の平均年収が低いことにあります。私営もあるので一概には言えませんが、保育士の平均年収は他職種の平均年収と比べて10万円から20万円ほど低い傾向にあります。
また、他の職種のように社宅といった住居の補助もなく、職業体系としてはパートや派遣のような扱いであるため、他職種よりも収入が少ない上に何の補助もなく自分の生活環境を整えなければなりません。
多くの子どもの面倒を見るという大変な業務である保育士の収入面の解決を早期に実施しなければ、現状が変わることはないと思います。

保育士が年収を上げるためにやるべきこと

保育士が年収を上げるためにやるべきこと 待機児童や職場環境の厳しさ、資格を取得するためのハードルが高いことなど、様々な問題点を有する現代の保育士業界ですが、先述した待機児童問題を解消させ、子供の未来をより良いものにしていくという意味でも、保育士の重要性は非常に高いといえます。そのため、様々な問題点がありながらも、それらは今後現状を改善させていくためのチャンスと捉えることも可能です。
保育士の問題点の一つとして、厳しい職場環境に比べて年収が低いことが挙げられます。これを解消するための手段は様々なことが考えられ、たとえば転職や他の資格の取得、地位や職種の向上などがあります。これらは非常に基本的なものであり、かつ非常に重要なものといえます。
ただ、近年は保育園自体が少ないため働く場所が限られているし、資格の取得も容易ではありません。そのため、直接的に年収を上げることには上限があり、次のステップとしてその上限を上げていくことが重要となります。
たとえば、近年では全国各地で保育士の給料を上げさせるための啓蒙活動が行われていたり、保育園が所属する各地方自治体へ現状を訴えたりと、大きい規模での活動が行われています。これらの活動が、後々収入を上げるための大きな一歩になることが期待されています。

pickup

Last update:2018/3/9


Copyright © 2017 保育士になろう! all rights reserved.